会長メッセージ message

会長メッセージ

会長 永尾 壽啓2019-2020年度/会長 永尾 壽啓

 会員皆様におかれましては、日頃よりロータリー活動にご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 この度、2019-20年度会長を仰せつかり、身の引き締まる思いです。まだまだ経験不足ではございますが、諸先輩方のご指導の下、大任を果たしてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、マーク・ダニエル・マローニー2019-20年度RI会長は、『私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています。』と言われ、2019-2020年度テーマをロータリーは世界をつなぐ“ROTARY CONNECTS THE WORLD“とされました。マローニー会長は、テーマの下、「ロータリーの奉仕活動を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう」と呼びかけているのです。

 そのような話を受けて、辻正敏 RI第2630地区2019-20年度ガバナーは、『すべてのロータリアンが(総)、それぞれの空の下で(天)、しっかり思いを込めて行動し(然)、それぞれの色を醸し出す(色)。』とかかげ地区テーマを『総天然色』とされました。

地区テーマ『総天然色』
具体的目標
◎組織の維持を考えた会員増強と拡大(ロータリーをなくさないために)
◎ロータリー財団に対する理解の増進(世界中でよいことをするために)
◎青少年プログラムへの積極的参加(未来のロータリアンのために)
◎国際ロータリー及び国際ロータリー会長賞への挑戦(今の活動評価のために)

以上をふまえ、2019-20年度 四日市東ロータリークラブの活動方針は

1.自己研鑽の場である例会に出席し、クラブの仲間との交流を通して、自分の体験からだけでは知りえない知識や知恵を学び、皆に広げることで人生を豊かにしましょう。
―15年間連続している出席率100%の継続にもつながります―

2.会員基盤の強化のため、新会員を2名増強しましょう。それによりクラブが元気になり、充実した活動につながります。

3.奉仕活動には積極的に、全員で参加しましょう。

4.四日市東ロータリークラブがどのような組織で、どのような活動をし、いかに地域社会にそして世界に貢献しているかを、メディア、クラブのウェブサイトなどを活用し、世間に広めましょう。

5.創立25周年事業を成功させましょう。

とさせていただきます。