会長メッセージ message

会長メッセージ

会長 辻 孝2018-2019年度/会長 辻 孝

会員諸兄におかれましては、常日頃よりロータリー活動にご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
この度、2018-2019年度会長を仰せつかり、身の引き締まる思いです。まだまだ力不足ですが、諸先輩方のご指導の下、大任を果たしてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、バリー・ラシン2018-19年度RI会長は、『前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレ―ション」となる必要がある。』と言われ、2018-19年度テーマをインスピレーションになろう“Be The Inspiration“とされました。
Inspirationとは、鼓舞する人、心に火をつける人、意欲を出し人(力)を意味しています。
ラシン会長は、ロータリアンに対し、「心に火をつける人、鼓舞する人になってほしい」と呼びかけているのです。
木村静之 RI第2630地区2018-19年度ガバナーは、理念をかかげ 意欲を喚起し 共に行動をテーマとされました。

理念をかかげ : 職業奉仕という幹の中にある「奉仕の理念」をしっかり掲げ、「人生の道場」である例会に出席しましょう。
意欲を喚起し : ロータリーでの感動体験を話しましょう。そして、ロータリーの地域社会に おける奉と、世界における人道奉仕を世間に知ってもらいましょう。
共に行動 : ロータリーの仲間みんなで奉仕活動を実践しましょう。「世界を変える行動人」キャンペーンは、インパクトのある活動によって、ロータリーが変化をもたらすということを、世界に向かって宣言するものです。

地区重点目標として

◎「奉仕の理念」の浸透と例会の充実
◎会員基盤の強化
◎奉仕活動の充実
◎公共イメージと認知度の向上
◎ロータリー賞、RI会長特別賞に挑戦しようを挙げられています。

以上をふまえ、2018-19年度活動方針は

1.自己研鑽の場である例会に出席し、クラブの仲間との交流を通して、自分の体験からだけでは知りえない知識や知恵をを学び、人生を豊かにしましょう。
―14年間連続している出席率100%の継続にもつながります―

2.会員基盤の強化のため、新会員、女性会員、それぞれ1名増強しましょう。それによりクラブが元気になり、充実した活動につながります。

3.奉仕活動には積極的に、全員で参加しましょう。

4.ロータリーがどのような組織で、どのような活動をし、いかに地域社会にそして世界に貢献し ているかを、メディア、クラブのウェブサイトなどを活用し、世間に広めましょう。

5.My ROTARYから生年月日を入力しましょう。

とさせていただきます。